VNCを使えるようにする(個々のVMに対して設定が必要)

原因はともかく、vmware console plugin がなぜか動かない時にはVNCが一番!
と誰も言ってないと思うが覚えておいて損は無い。

上記を参考に、男らしく「ノーパスワード、万歳!」な設定。

RemoteDisplay.vnc.port = "5901"
RemoteDisplay.vnc.enabled = "TRUE"
annotation = "VNC port: 5901"

ここで最後の1行を付けておくことを激しくお勧めする。
なぜか?

vmw-vnc-notes.png

ポート番号がすぐ分かるようにでした。

ファイアウォールを突破する

VMWare Server が動いているPCのファイアウォールに穴あけすると、
別のPCからVNCでVMに接続出来るようになる。格段に便利。

答えは vmware-vmx.exe にファイアウォールの許可を与えれば良い。
というだけではつまらないので発見の仕方。

  1. 上記に従って、VNCを有効にする
  2. VMを起動
  3. VMWare Serverが起動しているPCで、VNCのポートを掴んでいるPID(プロセスID)を見つける(netstat -on とか)
  4. 該当のPIDで起動しているバイナリを見つける(tasklist | find "5901" とか)
  5. ファイアウォールの許可を、そのバイナリに与える
vmware-vnc-server-s.png

添付ファイル: filevmw-vnc-notes.png 129件 [詳細] filevmware-vnc-server-s.png 115件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-03-24 (日) 07:44:02