ここは何?

その昔、東の電話やさんでD-Mailの中の人だった時代にKemaNetというソフトウェアを作っていた人のサイトです。
(ちなみに今は国際的な電話やさんで、法人向け雲【基本】の仕事をしてます。)
(のあと、未来とつなぐ電話やさんの研究所で雲作ったらそれはそれで大変です)
(のあと、再び国際的な電話やさんで別の雲を作りましたがもう雲を作るのは飽きました)
(2018.02.01 ふたたびバリューパートナーな電話やさんの研究所に戻りました)

にスポットライトを当てるためのサイトです。

最近では 鮨ドラ の普及活動なんかもやっているそうです。

Blogっぽいもの

<< 2020.9 >>
[Stories]
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2020/9/28 (月)

vm/MeCab入りrstudioコンテナ

はじめに

コンテナを利用して手っ取り早くMeCab入りrstudioを立ち上げます

起動例

fedora32 で podman を使いました
podman-compose は pip3 install -g podman-compose で入ります

コンテナを立ち上げる

# docker-compose.yml をダウンロード
$ wget -O docker-compose.yml https://gist.githubusercontent.com/kemasoft-gist/e24067d1895d0179d8a0117b06523fcd/raw

--2020-09-28 19:50:34--  https://gist.githubusercontent.com/kemasoft-gist/e24067d1895d0179d8a0117b06523fcd/raw
gist.githubusercontent.com (gist.githubusercontent.com) をDNSに問いあわせています... 151.101.108.133
gist.githubusercontent.com (gist.githubusercontent.com)|151.101.108.133|:443 に接続しています... 接続しました。
HTTP による接続要求を送信しました、応答を待っています... 200 OK
長さ: 502 [text/plain]
`docker-compose.yml' に保存中

docker-compose.yml                 100%[==============================================================>]     502  --.-KB/s 時間 0s

2020-09-28 19:50:35 (3.47 MB/s) - `docker-compose.yml' へ保存完了 [502/502]

# コンテナ(というかpod)を起動
$ podman-compose up -d
podman pod create --name=tmp --share net -p 8787:8787
1d24f1d9df275e489f80ab3afd85e693a9ca01210234671acc2450696aa85499
0
podman run --name=r-studio -d --pod=rstudio -l io.podman.compose.config-hash=123 -l io.podman.compose.project=rstudio -l io.podman.compose.version=0.0.1 -l com.docker.compose.container-number=1 -l com.docker.compose.service=rstudio-sv --network host --mount type=bind,source=/home/nobuoki/work,destination=/home/rstudio/work --add-host rstudio-sv:127.0.0.1 --add-host r-studio:127.0.0.1 --entrypoint ["sh", "-c", "apt update && apt -y install mecab libmecab-dev mecab-ipadic-utf8 && ln -sf /usr/lib/x86_64-linux-gnu/libmecab.so.2 /usr/lib/x86_64-linux-gnu/libmecab.so && Rscript -e \"install.packages('RMeCab',repos='http://rmecab.jp/R')\" && exec /init"] tokyor/rstudio
5020b41e6563bb116201cdcf0c68605b5e1cd93d4e34f4bc88cb216a59a771b6
0

無事コンテナが立ち上がったら、ブラウザで http://母艦のIP:8787/ でアクセス、
id/pw = rstudio/rstudio でセッションを開始し、動作確認します

# コンソールに1行叩き込む
library(RMeCab); RMeCabC("すもももももももものうち")

[[1]]
    名詞 
"すもも" 

[[2]]
助詞 
"も" 

[[3]]
  名詞 
"もも" 

[[4]]
助詞 
"も" 

[[5]]
  名詞 
"もも" 

[[6]]
助詞 
"の" 

[[7]]
  名詞 
"うち" 

> 

docker-compose.yml

ポイント

趣味の部分

その他

ymattu/mecab-d - Docker Hub を使うと、もっと簡単です(感謝)
詳しくは Docker で RStudio Server + MeCab + tidyverse (+ 日本語) を参照

認証不要にすることも出来ます

docker-compose.yml

version: '2'
services:
  rstudio-sv:
    image: ymattu/mecab-d
    container_name: r-studio
    restart: always
    network_mode: "host"
    environment:
      - DISABLE_AUTH=true
    ports:
      - 8787:8787
    volumes:
      - ~/work:/home/rstudio/work

2020/9/18 (金)

コネタ/rubyで数値を3桁区切りに

はじめに

Rails(ActiveSupport) の定番は Numeric#to_s(:delimited)

とはいえ素のrubyでどうにしたい時ってありますよね

回答例

数値を左右ひっくり返して、先頭から3桁ずつカンマつけて、また左右ひっくり返して余計なカンマを削除

ls -laFG | ruby -anle '$F[3]=$F[3].to_s.reverse.gsub(/[0-9]{3}/){$&+","}.reverse.sub(/^,/,""); puts $F.join(" ")' | column -t

vm/UbuntuCloudImageをrawで

はじめに

とある事情でbootableなUbuntuのVMイメージをraw形式で取得したかったのだが、
Ubuntu Cloud Imagesではraw形式の配布はしていない

そこでvmdk形式をダウンロードしてrawに変換します

手順

fedora32 で確認していますが、どのディストリビューションでもだいたい同じような手順になるはずです

# qemu-img, aria2 をインストール
dnf -y install qemu-img aria2

# vmdk形式のvmイメージをダウンロード
aria2c --max-connection-per-server=4 https://cloud-images.ubuntu.com/focal/20200916/focal-server-cloudimg-amd64.vmdk

# raw形式に変換
qemu-img convert -f vmdk -O raw focal-server-cloudimg-amd64.vmdk focal-server-cloudimg-amd64.img

2020/9/10 (木)

備忘録やネタ/Win10でDHCPなのにDNSが変

はじめに

ある日いつもどおりWin10のノートPCを自宅Wifi(DHCP)に繋げたところ、
IPアドレスはDHCPで取得できているのだが、DNSサーバが見に覚えのない固定IPで振られてしまい、
Internet接続できない状況になってしまった

ちなみに「見に覚えのないDNSサーバ」はocnでした

210.145.254.170 nv-tu501.ocn.ad.jp
125.170.93.234  nv-ku501.ocn.ad.jp

なるほど、以前ホテルのWifiを掴んだときの情報っぽいです

・・・なぜ消えてくれぬのだ?!

解決策

レジストリからDNSサーバ情報を消す

  1. regedit.exe を起動し、左側のペインで HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\ をクリック
  2. Ctrl-F または 編集>検索 メニューで検索ダイアログを表示し、「検索する値」に謎のDNSアドレスを入れて検索
  3. HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{ID}\ProfileNameServer が引っかかるので、その値を削除

参考


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-07-27 (月) 15:29:28