ここは何?

その昔、東の電話やさんでD-Mailの中の人だった時代にKemaNetというソフトウェアを作っていた人のサイトです。
(ちなみに今は国際的な電話やさんで、法人向け雲【基本】の仕事をしてます。)
(のあと、未来とつなぐ電話やさんの研究所で雲作ったらそれはそれで大変です)
(のあと、再び国際的な電話やさんで別の雲を作りましたがもう雲を作るのは飽きました)
(2018.02.01 ふたたびバリューパートナーな電話やさんの研究所に戻りました)

にスポットライトを当てるためのサイトです。

最近では 鮨ドラ の普及活動なんかもやっているそうです。

Blogっぽいもの

<< 2021.1 >>
[Stories]
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2021/1/15 (金)

#include(): No such page: vm/podmanでjsonログ

2021/1/12 (火)

vim

vimdoc-ja

vim >=8.0 の場合

export VIM_PLUG_DIR=~/.vim/pack/1/start
mkdir -p "$VIM_PLUG_DIR"
git clone https://github.com/vim-jp/vimdoc-ja.git "$VIM_PLUG_DIR/vimdoc-ja"

vimium

 map h goBack
 map l goForward
 map i LinkHints.activateMode
 map I LinkHints.activateModeToOpenInNewTab

2020/11/13 (金)

mr/mbaでLinux初期設定

はじめに

MacBook Air で Ubuntuベースのディストリビューションを使う場合を想定しています

# NOPASSWD
echo $USER ALL=NOPASSWD: ALL | sudo tee /etc/sudoers.d/$USER

# hardware keyboard [Apple Aluminium (JIS)]
# MacBook AirでUbuntuキーボードレイアウトを設定する - 考えるエンジニア https://takacity.blog.fc2.com/blog-entry-252.html
sudo dpkg-reconfigure keyboard-configuration

# toggle fn key
sudo tee /etc/modprobe.d/hid_apple.conf <<'...'
options hid_apple fnmode=2
...
sudo update-initramfs -u -k all

# disable auto update
sudo dpkg-reconfigure -p low unattended-upgrades

# change directory name in English
LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update

# Disables window maximization when the application starts
gsettings set org.gnome.mutter auto-maximize false

# Disable window maximization when moving the window to the top of the screen
gsettings set org.gnome.mutter edge-tiling false

# fn key behaviour
#  0 : disabled (fn + F8 = only F8 = F8)
#  1 : fn + F8 = F8,      only F8 = special
#  2 : fn + F8 = special, only F8 = F8
sudo -s 'echo 2 > /sys/module/hid_apple/parameters/fnmode'

ブート時のエラーを無くす

boot - Ubuntu 20.04 Failed to Set MokListRT: Invallid Parameter - Ask Ubuntu

sudo sh -x <<'...'
cd /boot/efi/EFI/ubuntu
cp grubx64.efi shimx64.efi
reboot
...

タッチパッド操作の変更

事前にパッケージ類のインストールを済ませておくこと

3本指スワイプの左右を入れ替えるconfigを作成する例

# libinput-gestures
mkdir ~/.config || true
tee ~/.config/libinput-gestures.conf <<'...'
gesture swipe left  3 xdotool key alt+Left
gesture swipe right 3 xdotool key alt+Right
...
libinput-gestures-setup restart

2020/11/12 (木)

vm/wsl2でPodman

はじめに

そろそろmsys2なりVMからwsl2に移行しても良いかなとおもってPodmanも試してみました

手順

概ね How to run Podman on Windows with WSL2 | Enable Sysadmin のとおりで良いのですが、最新版のPodmanの仕様に合わせて最後の手順を変えます

Rootless configuration file changes

If you plan to run podman as a non-root user, you should start with a simple podman command like:
  $ podman info 
This action will create the Podman configuration file $HOME/.config/containers/libpod.conf. Simply edit this file and change the value of events_logger to <file>.

最近のPodmanは podman info しても $HOME/.config/containers/libpod.conf は作成されません
そこで以下のように手順を変えます

# /etc/containers/containers.conf で events_logger = file に変更する
sudo sed -i.bak '/events_logger/{s/^# //; s/journald/file/}' /etc/containers/containers.conf

これにより「pod event が journal に書けないぜ」的なエラーが無くなります

# こういう奴が消える
ERRO[0000] unable to write pod event: "write unixgram @0001c->/run/systemd/journal/socket: sendmsg: no such file or directory"

もちろん podman --events-backend=file でも消えます
こちらが良い人は alias podman='podman --events-backend=file' しておくのが良いかもしれませんね

2020/11/10 (火)

vm/wsl2とSEPとstone

はじめに

Symantec Endpoint Protection をはじめ、いくつかのアンチウィルスソフトを有効にしているPCでwsl2を使うと、
Pingは通りますが、母艦PC宛て以外の外部へのtcp/udp通信が出来なくなります
つまり http(s) や ssh などが止められるので apt update や git clone が出来ない、という状況に陥ります

手っ取り早く回避するには母艦にproxyを立ててしまう方法があります

そのproxyにstone(とsexe)を使うとお手軽ですよ、というお話です

材料

proxy起動設定

こんなふうに sexe で stone を起動してあげると、母艦PCのすべてのアドレス:8080にhttp proxyがサービスとして立ち上がります

stone-sexe01.png

http(s)向け環境変数

wsl2(ubuntu)のbashは /etc/environment を読み込まないようです

そこで /etc/profile.d/proxy.sh というファイルを作成し、
http_proxy, https_proxy, no_proxy を適切に設定すれば良いでしょう

sshでhttp_proxy超え

ssh もこの stone で作ったプロキシを通すことで外に出れます
socat を使うとこんな感じです

# 接続先サーバのIPアドレス=192.168.10.151
# 母艦PCのIPアドレス=192.168.33.1

# ~/.ssh/config の例
Host hogeserver
  HostName     192.168.10.151
  ProxyCommand socat - PROXY:192.168.33.1:%h:%p,proxyport=8080

# コマンドラインオプションの例
ssh -o ProxyCommand='socat - PROXY:192.168.33.1:%h:%p,proxyport=8080' 192.168.10.151

SEPの設定変更で回避する方法

SEPの設定変更が許されている場合、以下の方法で回避できるかもしれません(手元の環境ではうまく動作しています)

設定の変更 > ネットワークとホストのエクスプロイト緩和機能

sep-menu.png

不一致トラフィックの設定 > IPトラフィックを許可する

sep-firewall-wsl.png

2020/11/9 (月)

#include(): Limit exceeded: mr/幅に合わせて連続表示

2020/10/30 (金)

#include(): Limit exceeded: mr/git_bundle
#include(): Limit exceeded: mr/apt_Hash_Sum_mismatch

2020/10/29 (木)

#include(): Included already: mr/mbaでLinux初期設定

2020/10/26 (月)

#include(): Limit exceeded: scr/uwscで自動的に閉じるmsgbox

2020/10/23 (金)

#include(): Limit exceeded: vm/wsl2でクリップボード操作

2020/10/22 (木)

#include(): Limit exceeded: vm/wslterminalでtmuxのコピー

2020/10/21 (水)

#include(): Included already: vm/wsl2とSEPとstone

2020/10/20 (火)

#include(): Included already: vm/wsl2でPodman

2020/10/5 (月)

#include(): Limit exceeded: mr/sudoいつものやつ

2020/10/1 (木)

#include(): Limit exceeded: vm/RStudioコンテナをsystemdで

トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS