vm/wsl2でPodman

はじめに

そろそろmsys2なりVMからwsl2に移行しても良いかなとおもってPodmanも試してみました

手順

概ね How to run Podman on Windows with WSL2 | Enable Sysadmin のとおりで良いのですが、最新版のPodmanの仕様に合わせて最後の手順を変えます

Rootless configuration file changes

If you plan to run podman as a non-root user, you should start with a simple podman command like:
  $ podman info 
This action will create the Podman configuration file $HOME/.config/containers/libpod.conf. Simply edit this file and change the value of events_logger to <file>.

最近のPodmanは podman info しても $HOME/.config/containers/libpod.conf は作成されません
そこで以下のように手順を変えます

# /etc/containers/containers.conf で events_logger = file に変更する
sudo sed -i.bak '/events_logger/{s/^# //; s/journald/file/}' /etc/containers/containers.conf

これにより「pod event が journal に書けないぜ」的なエラーが無くなります

# こういう奴が消える
ERRO[0000] unable to write pod event: "write unixgram @0001c->/run/systemd/journal/socket: sendmsg: no such file or directory"

もちろん podman --events-backend=file でも消えます
こちらが良い人は alias podman='podman --events-backend=file' しておくのが良いかもしれませんね


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-11-12 (木) 16:08:34