WindowsでLighttpdのインストールディレクトリを変更したときの注意点

「俺、絶対 C:\lighttpd ぢゃやだ!」という人向け。

とりあえずインストーラー任せでインストールした後に、他のディレクトリとかディスクに(lighttpd-root)以下を丸ごと移動しちゃったあとで下記について変更する。

  • (lighttpd-root)/etc/httpd.conf 内のディレクトリ指定を変更
  • (lighttpd-root)/sbin/start-lighttpd.bat の中身をちょこっと変更
@ECHO OFF
lighttpd.exe -f ..\etc\lighttpd.conf -m d:/lighttpd/lib
EXIT

ポイントは、-m オプションでdllファイルの在処を指定するところ。

2006/06/05 補足(というか失敗?)

テンポラリディレクトリがどうしても変更できなかった・・・

例えばファイルアップロードをしようとすると怒られます。

2006-06-05 15:46:24: (connections.c.1063) denying upload as opening
to temp-file for upload failed: c:/lighttpd/tmp/lighttpd-upload-0PltOd
No such file or directory 

はぁ・・・ということで弱気な解決法。DOS窓で下記コマンド投下。

mkdir c:\lighttpd\tmp\

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-03-24 (日) 07:44:02