Stories/2020-07-06 の元ネタは国土地理院データでしたが、これだと一部抜け漏れが出ていました
例)茨城県だと、桜川市、石岡市、水戸市、茨木町、のデータが掛ける(←それ以外もあるけど・・・)

01.PNG

国土地理院データ以外でどうにかして「とある市区町村に属する町字名を取得」する方法が無いかと探した結果、
API | HeartRails Geo API | 郵便番号/住所/緯度経度データ変換サービス の使い勝手が良さそうなので新たな手順を考えてみました

手順

ざっくり解説

  1. 市区町村一覧を取得する関数を定義しておく
    # 関数定義
    getCities ()
    {
        curl -s "http://geoapi.heartrails.com/api/json?method=getCities&prefecture=$1" | jq -r '.response.location[]|.city'
    }
    
    # 実行例
    export pref=茨城県 # あとあと都道府県名を使うので環境変数に格納しておく
    
    getCities $pref | head -n3
    水戸市
    日立市
    土浦市
    
     
  2. 町域情報を取得する関数を定義しておく
    # 関数定義
    getTowns ()
    {
        case "$#" in
            1)
                curl -s "http://geoapi.heartrails.com/api/json?method=getTowns&city=$1" | jq -r '.response.location[]|[.x, .y, .city, .town] | @csv'
            ;;
            2)
                curl -s "http://geoapi.heartrails.com/api/json?method=getTowns&city=$1&prefecture=$2" | jq -r '.response.location[]|[.x, .y, .city, .town] | @csv'
            ;;
        esac
    }
    
    # 実行例1: 市区町村名のみ指定
    getTowns 大宮 | head -n3
    "139.626988","35.903223","さいたま市大宮区","下町一丁目"
    "139.628315","35.903642","さいたま市大宮区","下町二丁目"
    "139.630028","35.904032","さいたま市大宮区","下町三丁目"
    
    # 実行例2: 市区町村名と都道府県名を指定
    getTowns 大宮 $pref | head -n3
    "140.427461","36.541261","常陸大宮市","宇留野"
    "140.408893","36.563089","常陸大宮市","姥賀町"
    "140.418712","36.542245","常陸大宮市","栄町"
    
     
  3. 2つの関数を使い、ある都道府県に含まれる町域を取得する
    export pref=茨城県; for c in $(getCities $pref); do getTowns $c $pref; done | tee $pref-ichiran-plain.csv
    
     
  4. 町域情報をいい感じに加工して、緯度、経度、地名の最後の一文字、を取得する
    # 前述の手順で作成したファイルを入力
    cat $pref-ichiran-plain.csv | \
    # ダブルクォーテーションを削除
    tr -d \" | \
    # awkでいい感じに編集
    awk -F, -v OFS=, '
    {
      # 町域レベル住所を加工するために変数に格納
      # ただし /(その他)/ にマッチした場合は市区町村レベルの住所を利用する
      if($NF~/(その他)/) a=$(NF-1); else a=$NF
      # 「最後の一文字」に相応しくない文字を消す
      # 例:山本町南五丁目町 -> 「本」より後ろを削除
      # 例:豊田町           -> 「田」より後ろを削除
      # 例:中村             -> 「中」より後ろを削除
      # 例:中村南一丁目     -> 「村」より後ろを削除/いかんともしがたい
      sub(/(町?[東西南北]?[〇一二三四五六七八九十百]+丁目|[市区町村])$/, "", a)
      # 緯度、経度、町域レベル住所、最後の一文字 を出力
      print $0,substr(a,length(a))
    }' >$pref-ichiran.csv # 結果をファイルにリダイレクト
    
     
  5. QGISに $pref-ichiran.csv を取り込んで表示
    02.PNG

添付ファイル: file02.PNG 35件 [詳細] file01.PNG 41件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-07-27 (月) 13:14:24