はじめに

会社や学校で WSUS を使うように設定された Windows10 で、無理やり WSUS を使わずに Windows Update する方法です

手順

  1. 事前:コマンドプロンプトを管理者権限で立ち上げて色々
    • net stop wuauserv
    • if exist C:\Windows\SoftwareDistribution.old rd /s /q C:\Windows\SoftwareDistribution.old
    • ren C:\Windows\SoftwareDistribution SoftwareDistribution.old
  2. 事前:レジストリの一部をリネーム
    • 手動で regedit を起動して
      HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate
      を _WindowsUpdate_ などに変更
  3. Windows Update を実行
    • ごく普通に スタートメニュー > 設定 >(途中略) > 更新プログラムのチェック
  4. 事後:レジストリの一部を元に戻す
    • regedit で HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate を元に戻す
    • ドメインに参加した段階で自動的に復活している場合は、何もしなくて良いです

参考


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-05-26 (水) 16:45:03