再起動かけた後でもNTのドメインのところにチェックがついたままになります

Win98での動作で、Microsoft ネットワーククライアントのプロパティで
ログオンの確認がワークグループなどでチェックを外しているのですが
再起動かけた後でもNTのドメインのところにチェックがついたままになりす。
これを回避することはできないんでしょうか?

というのは、家ではNTにログインするわけではないので
普通にウィンドウズのパスワードだけ認識したいのでよろしくお願いします。

PW認証NTドメインを空にする

以下のように設定し、NTのドメインにログオンするように切り替えたとします。

wg0101.gif

このとき、Microsoftネットワーククライアントのプロパティは

wg0102.gif

となり、再起動すると

wg0103.gif

となります。さてこの後、通常のWin9xのログオンにもとすときの設定は

wg0104.gif

です。ポイントはPW認証NTドメインを空にするところです。

これで再起動後、再びMicrosoftネットワーククライアントのプロパティを見ると

wg0105.gif

となります。


参考:Microsoftネットワーククライアントのプロパティを見る

コントロールパネル→ネットワーク→Microsoftネットワーククライアントをダブルクリック


添付ファイル: filewg0105.gif 429件 [詳細] filewg0104.gif 408件 [詳細] filewg0103.gif 408件 [詳細] filewg0102.gif 406件 [詳細] filewg0101.gif 427件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-05-10 (火) 01:11:38