BSD には rs コマンドという、知ってるとシェル芸がラクになる素敵なものがあります。
Open usp Tukubai にも似たようなコマンドがあります。何だったかは忘れましたが・・・

で、ubuntu は deb パッケージが用意されてるんですが、
CentOS の rpm は私の知る限り 2017/07/26 時点で無いです。
SRPM は有るんですが、古すぎてダメダメです。

という事で、ubuntu の deb パッケージを借用し、
無理くり CentOS にインストールしたので晒してみます。

 # rs (from Ubuntu; original=BSD)
 sudo yum -y install xz epel-release
 sudo yum -y install libbsd
 arch=$(uname -m | awk '{if(/64/)print "amd64";else print "i386"}')
 url_base=http://archive.ubuntu.com/ubuntu/pool/universe/r/rs/
 file_deb=$(
   curl -s $url_base    |
   grep $arch           |
   sed 's/.*href="//'   | 
   sed 's/deb".*$/deb/' | 
   sort                 | 
   tail -n 1
 )
 cd /tmp
 wget $url_base$file_deb
 ar vx $file_deb
 tar xvf data.tar.xz
 find usr/ -type f | sed 's:.*:cp & /&:' | sudo sh -x
 find usr/ -type d | sed 's:.*:[ -e /& ] || mkdir /&:' | sudo sh -x

CPUアーキテクチャが x86_64 || i386 の決め打ちなのが微妙ですが、見逃して下さい。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-08-15 (火) 22:03:07